東工大ニュース

東工大が平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受彰

2015.11.18

東京工業大学が、平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰 技術開発・製品化部門を、7者と共同受彰しました。

表彰式にて共同受彰者集合写真(坂井教授は右から4人目)
表彰式にて共同受彰者集合写真(坂井教授は右から4人目)

地球温暖化防止活動環境大臣表彰は、環境省が地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に行っているものです。地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体が受彰対象です。技術開発・製品化部門では、温室効果ガスの排出を低減する優れた技術の開発によりその製品化を進めたことに関する功績が表彰されます。

12月2日に飯野ビルディング イイノホール&カンファレンスセンターにおいて、表彰式と受彰者フォーラムが開催され、受彰者が活動・概要の発表を行いました。

受彰者

株式会社竹中工務店、鹿島建設株式会社、国立大学法人東京工業大学、日鉄住金高炉セメント株式会社、株式会社デイ・シイ、太平洋セメント株式会社、日鉄住金セメント株式会社、竹本油脂株式会社(8者共同)

受彰理由

エネルギー・CO2ミニマム(ECM)セメント・コンクリートシステムによる建設構造物の省CO2の実現

副賞の盾

副賞の盾

CO2発生量を従来のセメントより6割以上削減できる製鉄所の廃棄物である高炉スラグを多量に使用したECMセメントを開発。従来困難だったCO2発生抑制と施工性・強度発 現性・耐久性等の基本性能の両立を果たしたECMコンクリート・地盤改良技術を確立し、適用の仕組みを整備しました。建設時の省CO2とコンクリート構造物の品質を両立しています。コンクリート構造体と地盤改良体の合計7件に適用し、従来より、エネルギー・CO2原単位を30~60%削減、計1300t以上のCO2を削減しました。持続可能な発展を志向する、サステナブル社会の実現への貢献が評価されました。

今回の受彰を受けて、研究開発に関わった本学大学院理工学研究科材料工学専攻 坂井悦郎教授は以下のようにコメントしています。

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)から補助を受け、2008年から2010年度の先導研究、2011年度から2013年度の実用化研究を行った成果です。材料開発から実用まで7社1大学で一貫した体制で開発した珍しい研究開発例ではないでしょうか。詳しい内容は、東京工業大学生活協同組合が発行する、研究室紹介を目的としたフリーペーパー LANDFALLouterに特集されています。

表彰状授与
表彰状授与