設置科目とシラバス

環境の科学基専

授業科目名 環境の科学(Science on Environmental Aspects)
推奨学期 4
単位数 2-0-0
担当教員 岡田  清   教授 (無機材料)
坂井 悦郎  准教授(無機材料)
連絡先 (岡田)大岡山南7号館7階709号室 (内線2524) kokada(a)ceram.titech.ac.jp <(a)は@と読み替える>
(坂井) 大岡山南7号館8階818号室(内線3368)esakai(a)ceram.titech.ac.jp <(a)は@と読み替える>
講義のねらい

本講義では,地球規模および身の回りで見られる種々の環境問題とその環境保持や改善に関係するセラミックス材料について学ぶ.このため講義では,大気環境,水質環境,土壌環境,セラミックス環境材料,環境問題と我が国の産業、環境対策技術、廃棄物、環境アセスメントなどについて解説する.

講義計画
  1. イントロダクション(地球環境・社会環境)
  2. 大気環境(地球化学的データ,法規制)
  3. 水質環境(1)(地球化学的データ,溶解・析出)
  4. 水質環境(2)(酸化還元電位,法規制)
  5. 土壌環境(地球化学的データ,法規制)
  6. 環境問題とセラミックス材料(多孔体,吸着材料)
  7. 環境問題とセラミックス材料(環境触媒材料)
  8. 廃棄物と廃棄物処理
  9. 廃棄物のリサイクル技術
  10. 放射性廃棄物処理
  11. エネルギーと資源のリサイクル(1)
  12. エネルギーと資源のリサイクル(2)
  13. 環境負荷評価
  14. 環境問題と我が国の産業
成績評価

  期末試験で評価する.

テキスト等

  「地球の化学と環境」(多賀光彦・那須淑子,三共出版)
  「環境改善の化学」(木地実夫・加藤暢夫,大日本図書)
  「吸着の科学」(近藤精一ら,丸善)
 「廃棄物工学」(久保田弘、培風館)
 「エネルギー・資源リサイクル」(亀山秀雄、小島紀徳、培風館)
 「化学環境学」(御園生 誠、裳華房)

履修の条件

  

担当教員から一言

  地学の教職科目に指定されている.

オフィスアワー

  講義終了後.