設置科目とシラバス

連続体力学基専

授業科目名 連続体力学(Continuum Mechanics)
[旧:セラミックス機械物性第1(Mechanical Properties of Ceramics I)]
推奨学期 5
単位数 2-0-0
担当教員 安田 公一  准教授
連絡先 (安田)大岡山南7号館6階612室(内線2526),kyasuda@ceram.titech.
講義のねらい

  材料の力学物性を理解するための基礎となる連続体力学について解説する.また,この講義を通して,ベクトル・テンソル解析,複素関数論,ラプラス変換にも言及する.第4学期の一般材料力学を履修していることが望ましい.

講義計画
  1. はじめに,材料力学の復習
  2. 応力テンソル
  3. 直交変換とテンソル
  4. ひずみテンソル
  5. 曲線座標係における反変・共変テンソル
  6. 弾性体の構成方程式
  7. 弾性スティフネステンソルと結晶の対称性
  8. 2次元弾性論の基礎
  9. 複素関数論による2次元弾性解析
  10. 2次元弾性解析の実例
  11. 転位論と塑性力学概論
  12. ラプラス変換と粘弾性力学概論
  13. ベクトル解析と流体力学概論
成績評価

  期末テストにより評価する.

テキスト等

  プリントを配布する.

履修の条件

  第4学期推奨科目の一般材料力学を履修していることが望ましい.

担当教員から一言

  鉄は熱いうちに打て.

オフィスアワー

  質問などは随時受け付けるが,事前に必ず,e-mailなどで予約すること.